会社情報

代表インタビュー

株式会社THE ONLY ONE・代表取締役 滝澤秀一郎
株式会社THE ONLY ONE
代表取締役 滝澤秀一郎

[経歴]

  • 1966年 大阪府に生まれる。学生時代より起業の夢を持ち、大学では商業を学ぶ。
  • 1988年 総合商社入社。以後25年間、建設資材・産業資材の営業販売に従事。四国営業所長、名古屋支店長、東京副支社長等の営業管理部門の後に、商品開発部門を経て起業独立。

[好きな言葉]

  • 少林寺拳法の教えより・「自己確立」「自他共楽」
  • 愛するサーフィンより・「Go For It !」

「THE ONLY ONE」という社名に込めた思い

「オンリーワン」というフレーズは、唄の歌詞等でよく聞きますよね。「それしかない」「ひとつだけの」という意味があります。それに「THE」をつけることで”唯一の、たった一つの”という言葉が強調されるため、他にはない商品や、お役に立つような特徴のある商品やサービスを提供していきたいという起業時の思いから、「THE ONLY ONE」を社名にしました。

長年、タイル石材を扱うキャリアを積んできました
株式会社THE ONLY ONE 会社情報

22歳で入社した前職の商社では、駅のホームの端に使われているノンスリップタイルや、視覚障がい者の方が利用する黄色い点字タイル、商業施設や歩道橋などの公共施設でも使われている舗石タイルを扱っていました。のちに会社の商品が増え、人工大理石やセラミックタイルも扱うようになりました。

平成20年からは新商品を開発する部署で、セラミックタイルの商品開発を行っておりました。その頃には、スーパーや百貨店、コンビニエンスストアまでもが床に大判のセラミックタイルを使い始めており、床材のマーケットがどんどん変わっていた時期でしたので、そのニーズに合わせた商品を開発していました。

また、イタリアのボローニャという街で、チェルサイエというタイルの展示会が毎年開催されています。そこで、イタリアのタイルメーカーが最新のデザインのタイルを毎年発表します。前職からチェルサイエに毎年通っており、新しいタイルのトレンドなどを吸収していくうちに、どんどんタイル業界の魅力に入り込んでいきました。

THE ONLY ONEにしかできないこと
株式会社THE ONLY ONE 会社情報

大手の商社は、最新のタイルを多種多量に仕入れて在庫をして販売していますが、私共では、前職から一緒にタイルの開発をしている製造メーカー様と一緒に、在庫を持たなくても良い、オリジナルのデザインタイルを販売するというかたちでスタートしました。

お客様からこんなものを作ってほしいという要望をタイルで表現することで、在庫リスクがなく、かつ、世界でひとつしかないタイルを作ることができます。

タイルは焼き物なので、一般的な印刷物より耐久性に優れている点を活用し、THE ONLY ONEではサインタイルにも特化しています。このサインタイルは、ただ、おしゃれ、綺麗という絵柄を焼き付けするだけではなく、人の通行量の多い路面に設置しても絵柄などのサインが摩耗によってこすれて無くならない優れた耐摩耗性の表面仕上げで、なおかつ雨水での防滑性能が非常に優れているという点で、他の大手の会社が販売していない、The Only Oneの商品になっています。

タイルクリップで、品質向上への貢献を
株式会社THE ONLY ONE 会社情報

このタイルクリップは、私共では施工補助具という名前で呼んでいます。欧米では、十年以上前からこのような器具を使って石材やタイルを張るという文化があります。石材やタイルを張るときは、ハンマーで叩いて高さを調整していくのですが、叩きすぎると、すぐに沈んでしまったり、精密な技術力が必要です。フラットにタイルが張れていないと、段差ができ、意匠面や安全面などで問題が起こります。一度施工したタイルを張り直すとなると、最初の施工時とは違い別に時間を取って、タイルを剥がして張り直すので、とても非効率で高コストになります。

最近では、住宅でもリビングにタイルを張る住宅が増えています。角のあるタイルを室内に張っているので、ストッキングや靴下などがひっかかりやすくなります。屋内でのタイルの施工こそ、タイルクリップを使っていただけると良いと思います。

屋内用のタイルを貼るときは、接着剤の特性から接着剤ののり代は3mm以下程度に、とても薄く塗る必要があります。薄い方が、タイルを張る際の精度も求められます。また、オリンピックに向けて、商業店舗やホテルなどのリニューアルが増えてきており、既存の床材を剥がしたりせずに、既存の仕上げ材の上からタイルを張ったりする作業が多くなっています。これらの場合、タイルの仕上げ高さはできるだけ低く抑える必要があります。そんなときに活躍する、新商品のタイルクリップを新しく発売いたしました。

現場では、できるだけ少人数で、たくさんの仕事をこなさないといけません。店舗は、できるだけはやくオープンしたい、そのお店のオープンを待っているお客様がいる。また、お客様も高いクオリティを求めています。どうしたらみんながハッピーになるのか、どのようにお客様のご要望に対応していくか、試行錯誤し続けていきたいです。

世界中で開催される展示会にも駆け回っています
株式会社THE ONLY ONE 会社情報

会社を始めた当時は、イタリアのタイルメーカー、エミールセラミカがチェルサイエの展示会に出展する際に、日本から買い付けに行くお客様をアテンドしていました。前職から、このメーカーのタイルを輸入販売し、タイルの最新のトレンドを知り、新しいタイルづくり、カタログづくりをしていました。

年間を通して、世界各国でタイル石材や建築資材の展示会が行われます。日本で取り入れられていない新しいものがないか、また海外にもなければ向こうで売れる方法はないかということも常に考えて、世界中の展示会に足を運んでいます。タイルや石材だけでなく、世界中の建築技術や素材、工法を日本に紹介できるようにしていきたいです。

施工効率を上げてもらうための、施工用ツールの新アイテムを発売します
株式会社THE ONLY ONE 会社情報

2020年から新たに、らせん型クサビ「スパイラルスペーサー」、改良圧着作業用「裏すり用回転作業台」、目地ふき取り用スポンジキット「スポンジローラー」、「バケツ掃除ブラシ」などの新商品を販売開始いたしました。これまで以上に現場での施工時にお役に立てるTHE ONLY ONEになっていきたいと思っております。

世界で使われているタイルと日本の違いは?
株式会社THE ONLY ONE 会社情報

一番大きい違いは色使いですね。トルコの伝統的な柄や、イタリアのすごくデザイン性の高いものなど、さまざまなバリエーションがあります。

現在日本で作られているタイルは、300角以下の小さいタイルが多く、モザイクタイルとして壁に使われるタイプが多いです。世界的に古いものでトルコタイルは、紀元前から存在していて、博物館を見に行くととても面白いです。イタリアはデザインを国を挙げて大切にしている文化を持っている国なので、タイルだけではなく、自動車も洋服も、すべてにおいてデザイン性の高いものが多い印象があります。イタリアのデザインミュージアムに行った時に、小学生くらいの子どもが「デザインを勉強しに来た」と言っていたのを見て、教育でもデザインに力を入れているなと感じました。イタリアのチェルサイエでは、新しいデザインのタイルだけではなく、スタイリッシュなキッチンやシャワーブースなどの展示もたくさんあります。

フルオーダーのタイルを提供する技術を使って、補修用タイルの製造も手掛けています。デジタル技術を応用しているからこそ、少量でスピーディーな補修改修用のタイルを製造することが可能になりました。

フルオーダーの価値あるタイルをお客様にご提供するためには、製造や施工方法の知識が必要ですし、世界のタイル事情も知っておく必要があります。豊富な知識を得ることを意識して、世界中の展示会や工場を回っております。

愛知県体育館のモニュメント
株式会社THE ONLY ONE 会社情報 愛知県体育館のモニュメント

日本・アメリカ・中国の三ヶ国で、卓球を通して友好を深めるためのモニュメントです。完成時は、ピンポン外交記念として、3国の卓球選手が集結し、除幕式を行いました。

一番時間をかけたのは、色です。デザイナーさんがこだわった、グレーっぽい青みがかったシルバーの色をタイルで出すのに非常に苦労した作品でした。同じシルバーでも、黒や青を数%の差で混ぜたサンプルをたくさん作り、どの色がイメージに一番近いかを比較して確認してもらいました。色が決まったあとは、現物サイズのサンプルのタイルを作り、そちらもお客様に確認していただいてから、他のすべてのタイルの製作に取りかかるというプロセスで、慎重に確実にタイルを作って行きました。

また、文字や模様が複数のタイルをまたぐので、組み合わせたときにぴったりと合うようにプリントを施すのに苦労しました。

すべてのタイルを作成し納品する際は、自らタイルを設置する現地まで運搬します。お客様と一緒に、割れてないか、欠けてないかを確認して、手間をかけて納品します。

大きい作品は、作成過程の一部だけ見ていてもなにができるのかわかりませんが、繋げて一つの作品になると、とても迫力がでます。これが大きなデザインタイルの作品の面白いところですね。

会社概要

会社名 株式会社THE ONLY ONE  (カブシキガイシャ ジ オンリーワン)
代表取締役 滝澤 秀一郎
東京本社 〒167-0023 東京都杉並区上井草1-33-1 ロワール井荻102
電話:03-6913-5728
FAX:03-6913-5729
商品開発
研究所
〒386-1431 長野県上田市別所温泉1712-5
電話:080-3474-6966
FAX:0268-38-0780
Company The Only One co.,Ltd.
President Shuichiro Takizawa
Tokyo (HQ) 1-33-1-102 Kamiigusa Suginami-ku Tokyo Japan 167-0023
Tel: +81-3-6913-5728
FAX: +81-3-6913-5729
Product Development Laboratories 1712-5 Bessyoonsenn Ueda City Nagano Japan 386-1431
Tel: +81-80-3474-6966
FAX: +81-268-38-0780

経営理念

  1.  社会と環境に調和・共存する会社。
  2.  社会と環境を愛し、貢献する会社。
  3.  人・信頼・感謝が会社の根幹である。

ミッション

株式会社THE ONLY ONEは、商品に対して「+α」の価値を付加する「Value Supply」を通じて、オンリーワンな商品とサービスの提供を行い、お客様の満足を高めることを目指しております。そして、お客様にとって無くてはならない、オンリーワンな存在になる事が私共の使命です。

株式会社 THE ONLY ONE

  • TEL:03-6913-5728
  • FAX:03-6913-5729
PAGE TOP